インフルエンザの自己診断は危険?

インフルエンザ 予防
↑インフルエンザ治療薬はお得な通販で購入しましょう

インフルエンザは毎年流行を見せるありふれた感染症であるため、多くの人が一度は経験しているものです。
また経験したことは無くとも症状について聞いたことはあるという人も多いため、時にはインフルエンザかどうか自己診断で判断を下すこともあります。
ですが実際のところ、こうした病気を自己診断で判断するというのはあまりおすすめできないことです。
これはどうしてかというと、まず患者本人のことで言えば自己診断が外れていた場合には治療が遅れることになるからです。
インフルエンザと自己診断をした場合には温かくして家で休むことになるでしょうが、実際にはこのインフルエンザに非常に似た症状を見せる病気としてアデノウイルス感染症があります。
これはプール熱と呼ばれることもある病気で、インフルエンザとは全く別の病気ですから予防接種をしていても感染が広がることがあります。
もちろんこのアデノウイルス感染症も安静にしていればほとんどの場合問題なく完治するのですが、自己診断で勝手な判断をすると病気の判断ミスを招き、時にそれで病気の早期治療のチャンスを逃すことがあるのです。
そのため「インフルエンザかもしれない」と思った時には必ず病院で検査を受けることが必要と言えます。
また患者以外のことで言うと、「完治した」という自己診断が特に危険です。
熱が下がった翌日などに学校や会社に行く人は少なくありませんが、解熱直後のインフルエンザはまだ感染力を有しています。
病院から完治をしたというお墨付きをもらわない状態で外に出ることは、他人に感染を広げるような物です。
「楽になったから」と言って油断していると、今度は他人に同じ症状を移してしまうことになりかねません。
インフルエンザは甘く見られてしまいがちですが、その実恐ろしい病気であることは事実です。
半端な自己判断はせず、お医者さんに診断してもらってしっかりとした判断を下してもらうようにしましょう。

▼罹る前にリレンザでインフルエンザの予防をしましょう!
リレンザの特徴