インフルエンザの予防で出来ることについて

インフルエンザはウイルスが鼻腔内や口腔内から体内へと侵入することで発症する症状です。そのため予防に関しては、ウイルスを体内に侵入させないことがいちばんです。では、具体的にはどのようなことが出来るのかと言うと、まずはうがい、手洗いを丁寧に行うことです。これによって鼻腔内や口腔内に付着したウイルスを洗い落とすことができる、体内への侵入を予防することができます。それにより発症の可能性を低くすることができると言うわけです。特に外出先から帰宅した際は、これをしっかりと行うことが有効です。ただしいい加減に行っていては、その効果を期待することはできません。うがいも手洗いも正しい方法がありますから、まずはそれを知ることからです。次は、特にインフルエンザが流行しているシーズンにおいては、外出時などにはマスクを着用することです。これによってインフルエンザウイルスの鼻腔内、口腔内への付着を防ぐことができます。流行シーズンにおいては、発症していないけれどウイルスに感染している人の数と言うのは、とても多いと考えることができます。するとそうした人がくしゃみをすれば、その飛沫を吸い込むことによってウイルスも吸い込んでしまいます。こうした飛沫感染は、人ごみなどでとても起こりやすいことですから、それを予防するためにもマスクで鼻と口をしっかりと覆うことは非常に重要なことです。また空気が乾燥している場合は、加湿器などで空気に湿度を与えるのも予防のために出来ることです。これは空気中に飛散したウイルスを含んだ飛沫核に湿度が付着することで、飛沫核の空中浮遊時間を短くできるためです。そして予防接種を受けておくのも有効です。予防接種には、仮にインフルエンザにかかってしまった場合でも、その症状を軽減できると言う効果があります。