インフルエンザの特効薬を処方される

インフルエンザに感染した場合、病院で処方される薬を服用することになります。市販の風邪薬を飲んでも効果は得られないので注意しましょう。感染してから48時間以内に薬を飲む必要があるのですが、この時に処方される薬は抗インフルエンザ薬と呼ばれるものです。インフルエンザの薬として使用されている薬にはいくつかの種類があるため、感染した場合はどれかを処方されることになるでしょう。インフルエンザの特効薬としてはタミフルがよく知られています。タミフルは服用するタイプの薬であり、高齢者や子供にも投与しやすいとされていました。しかし、タミフルを飲んだ若者が異常行動を起こしたり、死亡するなどの症状が出てしまったため、日本では10代の患者に投与することが制限されています。タミフルがインフルエンザの薬として処方された場合、症状が出てから48時間以内に服用し、1日2回の5日間服用する必要があります。リレンザはインフルエンザ治療の吸入薬として使用されているものであり、専用の吸入器によって服用することになります。タミフルが使われるようになってから使用頻度が減っていたのですが、タミフルによる異常行動が報告されるようになったため、現在ではリレンザの使用も見直されています。インフルエンザの主な薬はいくつかありますが、どの薬を使うのかは診断をする医師によって異なります。病院でどの薬が処方されても、説明をしっかり聞いて正しく服用するようにしましょう。インフルエンザの吸入薬が処方された場合、呼吸器系に問題がある人の場合は利用できないこともあります。そのため自身の病気や服用している薬について医師にしっかり伝えるようにしましょう。